家の外壁塗装 塗り替えの費用相場

家の外壁塗装 費用相場 | 一括見積もり

外壁塗装の費用相場を一括見積もり

家の外壁塗装の費用相場

家の外壁塗装はしょっちゅうするものではありません。10年に1度くらいの周期で行うものです。
ですから一般の人が見積もりを目にする機会も少ない為、外壁塗装の費用相場が分かり難いのは当然です。

 

しかし、悪徳業者はそこに付け込んできます。発注する側に知識が無いのを良い事に相場をかけ離れた高額な金額をふっかけるのです。
騙される人の多くが複数業者から見積もりをとる事無く、1社からの見積もりだけで塗装工事の契約を決めてしまっています。

 

悪徳業者に騙されない為にも、複数の業者から見積もりをとって外壁塗装の費用相場を知っておく事が重要です。
最低でも3〜4社から相見積もりをとれば業者間で競争原理が働くので法外な金額を提示される危険は避けられます。

 

一社ずつ見積もりをとるのが面倒であれば一括見積もりを利用するのも良い方法です。
外壁塗装の費用相場といっても、塗装面の状態や塗装面積、使用する塗料、地域など現場によってケースバイケースです。
ですから実際のところは複数社に見積もりを依頼するのがいちばんなのです。

 

一括見積もりを利用すれば家の外壁塗装の費用相場と一番安い塗装業者がわずか10秒の簡単入力でわかります。

 

外壁塗装の駆け込み寺

 

もともと家の外壁塗装(塗り替え)は決して安くはありません。
数十万〜数百万円という大きな金額が動き、悪徳業者とのトラブルも大変多いのが実情です。
実際問題、いざ、家の外壁塗装の塗り替えをしようと考えると様々な不安がみなさんの頭をよぎるのではないでしょうか。

 

例えば・・・

 

「家の外壁塗装って費用相場はどれくらい?」

 

「悪徳業者にぼったくられないかな・・?」

 

「手抜き工事されないだろうか?」

 

「塗装業者選びってどうしたらいいの?」

 

などなど・・家の外壁がリニューアルされて美しくよみがえる期待以上に不安がいっぱいだと思います。
現在、家の外壁を塗り替え中の方も心から安心して業者に依頼されている方は少ないのではないでしょうか。

 

その主な原因は外壁塗装(塗り替え)は費用相場や工事内容が分かり難く、塗装工事を発注する側が詳しく知らない事にあります。
悪徳業者は発注する側に知識が無いのを良い事に法外な金額をふっかけたり手抜き工事を行って人件費を削り儲けようとするのです。

 

このサイトでは家の外壁塗装の費用相場や基礎知識、失敗しない工事業者の選び方を詳しく書いていくのでぜひご覧ください。

 

 

家の外壁塗装の必要性と塗り替えのタイミング

外壁塗装は費用がかかる

家の外壁塗装の傷みを放置すると、どうなると思いますか?
塗り直しをせずに外壁塗装の劣化が進むと家の内部へ雨水の侵入を許し、やがては家自体の腐食へと繋がっていきます。
そうなる前に外壁塗装の塗り替えが必要です。
家の外壁塗装の傷みは単に見た目だけの問題ではないのです。

 

家の外壁塗装には、大きく2つの役割があります。
ひとつは、建物を美しく見せるという美観上の役割と、もうひとつは直射日光や風雨などの外的な影響から建物を守る役割です。

 

普通家の外壁材の表面は塗装されていますが、塗装は永久的なものではなく劣化していきます。塗膜の劣化により防水効果がなくなり、傷んだり、ヒビ割れと塗膜の劣化により、木部に水が浸入したりするのです。

 

耐久性があるといわれる建物でも永久にその状態を維持することはできません。メンテナンスをしないままでいると、劣化が進み、やがて住宅そのものの耐久性を低下させてしまいます。

 

雨風や紫外線などにさらされると外壁は、色あせが起こります。この状態で外壁塗装(外壁塗り替え)をすれば間に合いますがお金がかかるからと放置される方も多いようです。

 

色あせが進むと、劣化した部分から雨水や湿気が浸入し、壁の腐食が始まります。

 

壁の腐食を放置しておくと、さらに劣化が進み、外壁表面にひび割れや剥がれなどが起き、シミなどもできてしまいます。
もうこうなると、外壁リフォームが必要です。

 

外壁塗装やリフォームをせずに10年、20年と経過すると壁内部は木材など水や湿気に弱い素材になりますので躯体本体を傷め、断熱材の機能までも損なってしまいます。

 

それにより結露もおき易く、躯体自体の腐食という最悪の状態となり、家全体の建替えをしなければならなくなってしまいます。

 

このように外壁の塗装が劣化しても塗り替えをしないで放っておくと家の内部へ雨水が侵入し、家が腐食して塗装とは比較にならない程の大きな費用がかかってしまいます。

 

ですからそうなる前に、一定期間(10年程度)ごとに外壁の塗装(塗り替え)が必要なのです。
家の外壁塗装の傷みは単に見た目だけの問題ではないのです。

 

家の外壁塗装(塗り替え)時期の目安は塗料の種類によってバラつきが有り、10年〜18年程度と言われています。
しかし実際には家の外壁に下記の状態が見られたら既に劣化が始まっていますから外壁の塗り替えをおすすめします。

  1. 壁を触ると手に白い粉がつく
  2.  

  3. 壁のヒビわれ
  4.  

  5. カビ・コケ・変色
  6.  

  7. コーキングの剥がれ
  8.  

  9. 塗装が剥がれている
  10.  

  11. 色あせ

塗り替え不要な場合もある

外壁材がタイルの場合

外壁材がタイルの場合はタイル部分は劣化しませんから見た目さえ気にならなければ基本的に外壁の塗り替えは不要です。
(目地に充填しているコーキング部分やタイルの浮きに対しては補修が必要になります。)
その他のモルタルやサイディング、ALC等の場合は定期的に塗料の塗り替えが必要です。

 

屋根材が日本瓦の場合

また、屋根についても日本瓦の場合、表面の色褪せさえ気にしなければ塗り替え不要です。
(漆喰は劣化しますので剥がれたりしてきたら漆喰の補修工事は必要になります。)
その他のセメント瓦、スレート屋根等の場合はやはり、定期的に塗料の塗り替えが必要です。

外壁塗装の駆け込み寺

 

家の外壁塗装費用・価格を構成する要素

家の外壁塗装費用・価格は塗料の種類や塗装面積(外壁や屋根、付帯部分の面積)、工期によって変わります。
それに人件費や足場代、建物の洗浄代、養生代、下処理などの実費、技術料などが含まれます。
業者ごとでそれらの元々の単価も違いますし、下請けに流す場合はそれぞれの単価に中間マージンがのってきます。

 

塗料の種類と塗装面積によって価格は大幅に上下しますので正確な見積もりを出すには塗装面積を算出しなければなりません。

 

見積もり書に数量や単価、仕様の記載が無く、○○一式というようにざっくり見積もってくる業者もいますがそういう場合は注意が必要です。
どんぶり勘定で大体これぐらいだろう・・と、塗装面積すら出していない、いいかげんな業者かもしれません。

 

塗装面の面積がしっかり出ていないと、途中で塗料が足りなくなってしまう場合も出てきます。
塗料は「この塗料でこの塗装面の状態だったら、何uで何缶必要」と決まっているので塗装面の面積に応じて見積もりを出しますし、発注します。

 

いいかげんに見積もりを出し、工事中に塗料が足りなくなれば塗料メーカーが指定する希釈率以上に塗料を薄めて使う・・といった事にもなりかねません。
そうなると本来の塗料の強度が充分発揮されず、耐用年数よりも早く塗装が剥げてきてしまうなどのトラブルに繋がります。

 

見積もり項目ごとの単価費用相場

外壁塗装工事項目 単価費用相場(u)
足場

※メッシュシート込み
足場

700〜1000円
高圧洗浄

高圧洗浄

200〜300円
養生

養生

250〜500円
コーキング

コーキング

打ち直し 850〜1800円
打ち増し 600〜1050円
ケレン

ケレン

1種

赤さびなどで激しく腐食している状態
旧塗膜を完全に除去する
ブラスト法、剥離剤を使用
※一般住宅では施工されず、取り替えとなる事が多い。

2000〜3000円
2種

サビが多く塗膜が劣化している状態
サビや旧塗膜を除去する
電動工具、ワイヤーブラシ、ブラスト法等を併用

2000〜3000円
3種

部分的にサビがある状態。
劣化した塗膜とサビ部分のみ旧塗膜を除去する
電動工具、ワイヤーブラシ等を併用

600〜1000円
4種

サビの無い状態
浮いた塗膜や粉化物、汚れを除去する
ワイヤーブラシ、研磨紙使用

200〜400円
クラック補修

クラック

幅及び深さ15mm未満

シール刷り込み又はUカットシール工法

1200〜2700円
幅及び深さ15mm以上

低圧注入工法

3000〜5000円
外壁下塗り

外壁下塗り

シーラー・フィラー 600〜1000円
外壁塗装

外壁塗装

アクリル系塗料 1000〜1200円
ウレタン系塗料 1800〜2000円
シリコン系塗料 2500〜3500円
ラジカル塗料 3000〜4000円
フッ素系塗料 3500〜4500円
光触媒・無機塗料 5000〜5500円
断熱系塗料 5000〜5500円

 

 

まとめ

家の外壁塗装の費用相場は高いですが塗装の劣化を放置して家自体を傷めてしまうと結局高くついてしまいます。
家を長持ちさせる為には定期的なメンテナンス(外壁の塗り替え)はかかせません。

 

しかしながら外壁塗装には定価が無く、費用相場が分かり難いので法外な金額をふっかけられ易いです。
ですから外壁の塗り替えを依頼する時は1社だけの見積もりで決めてしまうのではなく必ず複数社に見積もり依頼する事をおすすめします。

 

外壁塗装の駆け込み寺

 

外壁塗装(塗り替え)の基礎知識

 

外壁塗装の相場費用や工事内容、塗料などの知識や悪徳業者の手口と対処法を知っておく事は失敗しない業者選びに役立ちます。

 

外壁塗装の駆け込み寺の口コミ・評判

有名な外壁塗装の一括見積もりサイトです。匿名、無料で10秒簡単入力で外壁塗装の費用相場や塗装業者が分かります。
実際に外壁塗装の駆け込み寺を利用した方の口コミ・評判を掲載しています。

 

外壁塗装の窓口の口コミ・評判

こちらも人気のある一括見積もりサイトです。やはり匿名、無料で外壁塗装の費用相場や塗装業者が分かります。
実際に外壁塗装の窓口を利用した方の口コミ・評判を掲載しています。

 

悪徳業者の手口と対処法

外壁塗装業界には悪徳業者が非常に多いと言われており、損害額も高くなりがちです。
騙されない為に悪徳業者の手口と対処法を知っておく事が大切です。

 

外壁塗り替え工事の作業工程

外壁塗り替え工事の作業の流れを理解する事は手抜き工事を見抜きそれを防ぐ事に役立ちます。

 

外壁塗装の塗料の種類と耐用年数

市場に出回っている代表的な外壁塗装の塗料の種類と特徴、耐用年数を知る事で自宅に合った塗料や次回の塗り替え時期の目安になります。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ